少しでも運動することが腰痛改善につながる。

少しでも運動することが腰痛改善につながる。

腰痛などの腰のトラブルの原因となるものは、日常生活の中に潜んでいます。
サラリーマンやOLでしたら、長時間のデスクワーク。
タクシードライバーなどは長時間の運転。

 

一日の内で身体を動かしている時間を計算してみると、ごくわずかといったことにもなりかねません。
腰痛は、身体を動かさないことによって腰回りの筋肉が硬くなってしまうことが原因の一つとされています。
ということは、少しでも運動をすれば腰痛改善などの可能性があるのです。

 

そうはいっても、腰痛予防や腰痛改善のために新たに運動をスタートするのは大変です。
億劫になって結局やめてしまうのでは元も子もありません。
でも、日常生活に支障がない程度の簡単な運動でしたら問題なく続けることも出来そうです。

 

腰痛予防で最も簡単な体操を紹介します。
その体操は、お腹をへこませるだけ。
お腹をへこませた状態を5秒間キープしてください。

 

お腹をへこませるだけで効果があるのかしらと思った方も多いかと思いますが、これによって腰痛予防に大切な「腸腰筋」を鍛えることが出来るのです。
一般の方にほとんど知られることがない筋肉ですが、正しい姿勢を保つためにはこの筋肉が必要ですし、弱くなってくると腰が曲がり腰痛を引き起こす原因にもなるのです。

 

お腹をへこませるだけですので日常生活でできる事はもちろん、仕事しながらでも誰にも気付かれずに体操できるのがこの体操のメリット。
最も簡単で効果が高いこの体操をしない手はありません。
ぜひ、あなたの日常生活に取り入れて腰痛予防に役立ててください。