ストレッチが基本ではあるけれど。

ストレッチが基本ではあるけれど。

日常生活のちょっとした動作で腰痛が改善できるといいですよね。
もちろん、すぐに改善することは期待できないでしょうけど、徐々にでも症状が軽くなっていくのであればよしとしましょう。
デスクワークをしている方でしたら、ちょっとした合間に腰を捻ってみたら、仰け反ってまるいうような経験があると思います。

 

ストレッチをすると身体全体が気持よくなりますよね。
おそらく、多くの方がなんとなくストレッチをしていると思います。

 

ストレッチが腰痛対策の基本ではあるのですが、動かす部分を自分で意識してストレッチをすることによってもっと効果が期待できるかもしれません。
腰から背中に縦につながっている筋肉をマッサージするようにストレッチをすると腰痛に良いと言われています。
ただし、この部分のストレッチは多くの方がやっていますし、仰け反るという無意識の動作でも自然にストレッチされています。

 

日常生活で腰痛改善をするためには、腰の筋肉にどこが負担をかけているかを意識することが大切です。
その一つが、意外にも太ももの裏側の部分。

 

贅肉が多く、たぷたぷしている部分があると思いますが、そこにはハムストリングという腰に負担をかけるおそれのある部分です。
ハムストリング筋を伸ばすように丁寧に徐々にストレッチをすると良いでしょう。

 

ハムストリング筋が硬くなっているだけで、腰の筋肉に負担をかけることになっているのです。
腰のストレッチをするときには、同時に太ももの裏側の筋肉もストレッチ。
セットで考えると忘れることがありませんよ。